top of page

アリエスの薔薇ブログ「薔薇と和歌」〜春の日差しを浴びて

新年度に入りました。今年は桜の開花が早かったので春を早く感じることができましたが、やはり4月に入ると春本番という気分で気持ちも引き締まります。


近くの公園にそびえる立派な桜の美しさに目を奪われるのと同時に、公園中の草木たちの緑が日に日に色づいていくことにも感動を覚えます。

誕生日が近いこともあり春は大好きな季節、十分楽しみたいものです。


さて、今回は古の女性もこんな思いだったのかなあと今の自分の気持ちと重なり合うような和歌を選んでみました。


「我がせこが衣はるさめふるごとに野辺のみどりぞ色まさりける」 紀貫之


夫の衣を洗って手入れする春の日、春雨の降るたびに野辺の緑が色増していくのを眺める妻の幸せな気持ちとうららかな春の情景が浮かんでくる歌です。

改めて紀貫之さまの技巧の素晴らしさ、そして、この歌に触れた者を何とも柔らかく満ち足りた気持ちにさせてくれる傑作です。


こんな優しい歌には柔らかいグリーンを身にまとったニゲラを登場させて和歌を(もちろん薔薇も)引き立ててみました。

市場で選んだ薔薇は「ライラッククラシック」

フランスの春の風も南に変わってピンクのライラックを優しく咲かせていることでしょう。





閲覧数:31回0件のコメント
bottom of page