top of page

Meilland et le Masque de fer (メイヤンの薔薇と鉄仮面の男)

前回のテーマはフランス西部アンジェ地方の薔薇でしたが、今回は南フランスにまつわる薔薇のお話をしたいと思います。

私が暮らしていた南フランス、ニースが位置するコートダジュールのお隣り、プロヴァンス地方は美しいラベンダー畑やひまわり畑でとても有名ですが、この温暖な気候の地に「メイヤン(Meilland)」という老舗ローズファームがあります。

ここでは数々の有名品種薔薇が生み出され、日本でも多くの品種が取り扱われていますのでご存知の方も多いと思います。

私にはこのメイヤンの薔薇には素敵な思い出があります。

2001年に出場した薔薇のコンクールで、鮮やかな赤い薔薇「パパ・メイヤン」を沢山使ってカルメンを完成させました。(作品詳細はRougeをご覧ください)

(メンバーの皆さん、懐かしいですね!)

この美しく気品高い薔薇は、カルメンに情熱と命を吹き込んでくれましたし、その後フラワーアーティストとして生きていく私を心強く励ましてくれました。


さて、今週も薔薇のマスカレード製作に取り組みました(YouTubeにて動画配信中!)が、南フランスの仮面といえばカンヌ沖合のサント・マルグリット島の「鉄仮面伝説」。フランス中世に鉄仮面の男が幽閉されていたと言われていますが、訪れた時はゾクッとそんな気配も感じたのを覚えています。









閲覧数:11回0件のコメント
bottom of page