top of page

Rose et Picasso(薔薇とピカソ)

更新日:2020年12月11日

今週は「クリーミーエデン」という名前の可愛らしいスプレー咲きの薔薇を選びましたが、個性的な要素を加えるためにミニカラー「ピカソ」を組み合わせてみました。

名前だけあって、このカラーはあまり見かけない色味をしてます。

クリーム色のベースに小紫の何とも言えない色が絞りのように入っていてクリーミーエデンの違う魅力を引き立たせてくれました。

ピカソはキュビズムの画家として知られていますが、パリから南フランスに拠点を移してからはアンティーブという港町で生涯暮らしました。

彼が暮らした館はまるで小さなお城のような雰囲気で海沿いに佇んでいますが、美術館として一般公開されていてピカソの作品を楽しむことができます。

展示されている自由で解放感溢れる絵画を思い出すと、乾いた風や空気や匂いが今でも懐かしく蘇ります。

ゆっくり流れる時間の中でピカソの絵の前に立つと、上手く表現できないけれども自分を違うところに連れて行ってくれるような不思議な気持ちになりました。

大切な記憶として私の中にいつまでも温かく残り続けてほしいものです。

さて、今週もインスタグラム、YouTube動画共に更新しております。

どうぞご覧くださいませ。




閲覧数:18回0件のコメント
bottom of page