top of page

Roses et Reine (薔薇と女王さま)

薔薇の仮面シリーズ第4弾、YouTube動画「La Mascarade vol.4」を配信開始いたしました。是非ご覧ください。

今回は第3弾の中世薔薇の騎士を思わせるハードなイメージから一転、薔薇も音楽もスウィートです。

薔薇の名は「カンタータ」、そして音楽は「Zenobia」〜3世紀パルミラ王国の女王ゼノビアがタイトルについたクープランのチェンバロ曲です。

何ともロマンチックでアンニュイなメロディーなのでゼノビアにはお姫様的なイメージをずっと勝手に描いていたのですが、実際は軍隊を率いてエジプト遠征に馳せ参じる勇敢な女王だったと後で知りました。類まれな美貌と気高さを兼ね備え、自らクレオパトラの後継者を名乗ったそうです。

古代の女王といえばクレオパトラ。後に恋人となるローマの軍人アントニウスを初めて迎えた際は、宮殿全体を薔薇で飾ったという有名なエピソードがあります。

薔薇の花びらの絨毯は暑さ1メートルだったとか。。。どんな香り高い光景だったのだろうと想像するだけでうっとりしてしまいます。








閲覧数:11回0件のコメント
bottom of page